【天狗倉山まるごとプロジェクト】 第1回ワークショップ開催

2017.9.25

尾鷲市天狗倉山には、世界遺産の熊野古道の他、尾鷲市指定文化財の石仏が並ぶ岩屋堂や、太平洋を望む絶景が広がる
おちょぼ岩、尾鷲市から紀北町へと抜ける猪鼻水平道などの見所があるにもかかわらず、お堂・橋の老朽化や道の整備
不足といった原因により観光資源として生かされていない現状があります。
こういった問題を解決し、観光資源としてツアープログラムを開発するだけでなく、地域の方々が将来にわたって維持
管理していくことが可能なしくみづくりが始まりました。
これまで独立して天狗倉山に関わっていた方々が一堂に会した第一回のワークショップ(平成29年9月25日開催)では、
活発な議論が取り交わされました(図1)。
                                    報告:東紀州サテライト研究員・山本

図1:天狗倉山まるごとプロジェクト 第一回ワークショップの様子