東紀州サテライト認定事業『第5回日独パネルディスカッション』を開催します

2019.5.28

三重大-カトリック応用科学大学 第5回 日独パネルディスカッションのご案内

三重大学東紀州サテライトの企画として,「三重大-カトリック応用科学大学 第5回 日独パネルディスカッション」の開催についてご案内いたします.皆様のご参加をお待ちしています.

【本パネルディスカッションの趣旨】

 ドイツ南方にあるフライブルクは環境にやさしい街つくり,身体にハンディを持った人や高齢者に優しい街つくりをしている都市です.三重大学医学部看護学科はそこに位置するカトリック応用科学大学と提携を結び相互交流を行っています.

 東紀州をはじめとし,三重県では医療過疎,高齢化の問題は大きな課題のひとつです.私たちは

共同で,高齢化または医療と福祉の連携の在り方について,パネルディスカッションを行ってきました.今回5回目の本企画は,カトリック応用科学大学の学長,副学長らを迎えての開催となります.多くの方にご参加ただき,意見の交換をしたいと考えています.

成田有吾@三重大学医学部看護学科 国際交流委員会 委員長

開催日時:2019年6月14日(金曜日)15:00~16:45(14:00~準備,17:00までに終了)

開催場所:三重大学医学部附属病院 外来棟5Fホール

主題「地域包括ケア」

通訳は特に置きませんが、大学教員等が英語でのコミュニケーションをお手伝いします。

事前申込期間:2019年5月16日~6月3日

 s-takeuchi@nurse.medic.mie-u.ac.jp

上記宛てメールにて、件名「第5回 日独パネルディスカッション申込」として、

①氏名

②所属

③自動車での来校予定

④会場までの案内図の要不要

上記4点につき、送信をお願いいたします。

※ お車で来場の方は駐車券を発行いたします。

※ 会場までの案内図を事前申込みの返信に添えてお送りします。

詳しくはこちらをご覧ください