米国の学会から表彰されました!~東紀州の英語教育支援の取り組み

2019.4. 2

・・・東紀州の英語教育支援の取り組みのポスター発表・・・

☆☆☆ラスベガスでGOLD受賞☆☆☆

CIMG8647-001.JPG

CIMG8727-002.JPG

CIMG8729.JPG

CIMG8731-001.JPG

SITE学会での表彰式の様子

 米国・ラスベガスで開かれた国際学会SITE2019(Society for Information Technology and Teacher Education,教育における情報技術と教師教育のための学会)に、三重大学東紀州サテライト教員3名(大野、須曽野、萩野)と、共同で実践研究を行う教職大学院院生4名が参加しました。

 2019年3月18日〜22日に開かれたこの学会では、世界中から約1000人の研究者や現職教員・院生が集まりましたが、私たち三重大学から2件のポスター発表を行いました。

ポスター発表の様子

CIMG8593.JPGCIMG8599.JPG

ポスター発表を終えて大学院生と記念写真

 内容は、東紀州での英語教育支援の取り組み(Ono, Susono, Hagino, Enomoto, Onishi, Matsuba, Hasegawa)とショートムービーアプリ「くまた」の開発 (Susono, Ono, Hagino, Yamanaka, Nishida, Seko)でした。

 ポスター発表審査の結果、大野が中心となってプレゼンした東紀州での英語教育支援が「Outstanding Poster Award Gold」 (62件の発表の中で第1位、最優秀賞)に選ばれ、学会総会で表彰されました。

CIMG8738-002.JPGCIMG8735.JPG

Blocher先生と

 東紀州地域教員を対象とした英語研修動画(大野が中心に制作、教職大学院生が制作に参加)、Moodleを用いた教育支援、DVDなど従来からあるテクノロジーの活用、フラッシュカード作成・普及等が高く評価されました。

CIMG8649.JPG