平成29年度第5「西村ゼミ」を開催しました

2018.1.30

三重県立高校南伊勢高校南勢校舎(三重県南伊勢町)において、2018年1月12日(金)に、本学の地域イノベーション学研究科の西村訓弘教授(社会連携担当・副学長)が講師を務める「西村ゼミ(地域経営プラン演習)」*を実施しました。
*南伊勢高校南勢校舎「地域経営プラン演習」構築事業

南伊勢高校南勢校舎の2年生を対象として、自ら南伊勢町について学び、皆で考えることを目的とするもので、今回が最終回でした。

南伊勢町長をはじめ、町の方々を招き、これまでのゼミで考えてきた今の南伊勢町について思うことや20年後の理想の南伊勢、さらにはその時の自分の姿についてグループごとに発表しました。緊張している様子も見られましたが、これまでのゼミでの発表や情報交換の内容を、より掘り下げて具体的に意見を述べる姿が印象的でした。ゼミを終えての感想の発表では、「町の良さを改めて感じることができた」「クラスのみんなの考えを知ることができてよかった」「楽しかった」という声が多く聞かれ、南伊勢町についてじっくり考えられたことがうかがえました。
5-01.jpg
西村教授からは「このゼミを通して、自分の中の意見や考えを外に出す練習をして力をつけてきた。さらに磨いて、自分の力や可能性をうまく使いこなせるようになってほしい。」とエールが送られました。
5-02.jpg