第1回 伊勢志摩サテライト交流会を開催しました

2018.5.31

20180511海女研究センター (55)

3月25日に鳥羽市海の博物館に設置した海女研究センターにおいて、5月11日、「第1回 伊勢志摩サテライト交流会」を開催しました。

この交流会は、伊勢志摩サテライト関係自治体(伊勢市、鳥羽市、志摩市、玉城町、度会町、南伊勢町)と三重大学との意見交換・情報交換と相互交流の場として実施するもので、特定のテーマをもとに6市町と三重大学とで意見交換を行い、それぞれの課題解決や官学連携の糸口を見出し、伊勢志摩サテライト地域の創生に寄与することを目的とした取り組みです。

今後はこの交流会を「各自治体を巡回して開催すること」「開催する自治体でテーマを設定すること」「テーマが独自の内容であっても全体でアイデアを出し合って意見交換や議論をすること」と決め、伊勢志摩サテライト独自の新たな取り組みとして実施していくこととなりました。この日は終了後の懇親会も含めて、6市町と海の博物館から計17名と本学関係者12名の計29名が参加しました。

伊勢志摩サテライト関係自治体と三重大学との交流会は、この日を契機にこれまでにない新しい試みを展開していきます。

次回は7月、志摩市にて交流会を開催する予定です。

20180511海女研究センター (12) 20180511海女研究センター (58)
(左)会場となった海女研究センター、(右)進行をする松田副学長(伊勢志摩サテライト長)

20180511海女研究センター (60) 20180511海女研究センター (20)
(左)交流会後の名刺交換、(右)お茶菓子を添えてカジュアルな場づくり