[熊野木育プロジェクト]オール熊野フェスタへの参加

2019.8.23

 令和元年5月26日、熊野の子ども達に森の役割や地元の主要産業である林業・木材産業を伝える取り組みとして、オール熊野フェスタでのブース出展を行いました。この出展は今回で3年目となります。熊野の木を使って作る「カホン(打楽器の一種)作り体験」(図1)と、熊野林星会(熊野地域の若手林業・木材産業従事者が作る団体)と三重大学で共同開発したゲーム形式の木育プログラム「セーザイゲーム」(図2)の体験を本学学生が中心となり企画・実施しました。
 この企画には早稲田大学・近畿大学も参加しており、本学学生にとっては、活動を通して地域の現状や地域活動について学ぶだけでなく、地域住民や他大学との交流の機会にもなっています。(東紀州サテライト研究員・山本)

熊野フェスタ01.jpg

図1 本学学生によるカホン作り体験企画の実施

熊野フェスタ02.jpg

図2 セーザイゲーム体験を実施する本学学生と企画に参加する熊野の子どもたち