「山育・木育・おわせ行く」第2回

2019.8.26

 令和元年7月4日、児童らに、体験の中から尾鷲市の良さや自然環境の中での立ち振る舞いなどを学んでもらう、尾鷲市主導のプロジェクト「山育・木育・おわせ行く」の第2回を実施しました。
 第2回は天候不順のため室内において(図1)、鋸の使い方(図2)やロープワークを学びました。準備された原木丸太を、チームで輪切りにするためにはどう作業すれば良いか、児童ら自ら考えながら作業を行い、輪切りにしたものはコースターとして持ち帰ってもらいました(図3)。次回開催は8月27日で、三重大学生物資源学部が主催する実習「自然環境リテラシー学実習」に参加する大学生らに、これまでに学んだことを児童らが説明するようなプログラムを実施予定です。(東紀州サテライト研究員・山本)

トムソーヤプロジェクト第2回01.jpg

図1 講義の説明を受ける児童ら

トムソーヤプロジェクト第2回02.jpg

図2 丸太が動かないよう抑えながら鋸で輪切りにする児童ら

3トムソーヤプロジェクト第2回0.jpg

図3 丸太から切り出したコースターを手にする児童ら