北勢サテライト概要

概要

 北勢サテライトは、北勢地域をフィールドとする教育研究の実践的展開における中核拠点として、平成31年2月に開設しました。三重大学が持つ教育研究資源と北勢サテライトが持つハブ機能を活用し、北勢地域における課題等の解決に向け、全学的に取り組みます。

◆担当エリア
 四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、いなべ市、木曽岬町、東員町、菰野町、朝日町、川越町

◆北勢サテライトの目標(旗)
 日本のモノづくりの神髄を体感し富を生み出す拠点

◆活動内容
・地域課題解決に向けた北勢地域の自治体・企業等との連携体制の整備・強化
・北勢地域を教育・研究フィールドとして活用する体制の構築
・自動車、石油化学、食品化学企業等との産学連携事業、企業人材のリカレント教育、モノづくり企業との連携による学生・若手教員の育成等

◆活動拠点
知的イノベーション研究センター(四日市市鵜の森1-4-28 ユマニテクプラザ 1階)
 産学官連携を通じたSociety5.0・SDGsの実現を目指す地域産業の成長に寄与するため、多面的な視点から課題を発見し、異分野融合により解決方法を見いだし、成果の社会実装を推進します。