伊勢志摩サテライト概要

概要

 伊勢志摩サテライトは、伊勢志摩地域をフィールドとする教育研究の実践的展開における中核拠点として、平成29年4月に開設しました。三重大学が持つ教育研究資源と伊勢志摩サテライトが持つハブ機能を活用し、伊勢志摩地域における課題等の解決に向け、全学的に取り組みます。

◆担当エリア
 伊勢市、鳥羽市、志摩市、玉城町、度会町、南伊勢町

◆伊勢志摩サテライトの目標(旗)
 歴史ある自然との共生・共存の思想を世界に発信する拠点

◆活動内容
・地域課題解決に向けた伊勢志摩地域の自治体・企業等との連携体制の整備・強化
・伊勢志摩地域を教育・研究フィールドとして活用する体制の構築
食と観光産業による地域創生の研究(歴史文化の交流、海女文化、水産資源の活性化、食品の6次産業化、観光資源の活用など)、地域人材の育成等

◆活動拠点
海女研究センター(鳥羽市浦村町大吉1731-68 海の博物館内)
 「海女」を切り口とした、教育研究・人材育成・情報発信等を展開する地域連携の拠点として、専門知識・技術(スキル・ノウハウ)人材の提供を通じて、地域との協働を基に地域の課題解決を支援します。