北勢サテライト「アフタヌーンサロン」第1回を開催しました

2020.4. 1

2020年2月25日(火)14時より、四日市市総合会館にて、北勢サテライト「アフタヌーンサロン」が開催されました。第1回となる今回は、北勢サテライト長の鶴岡信治教授が講師を務め、「今 流行りのAIってなーに? -AI=人工知能!? 医療にも役立つんだ!-」と題した講演が行われました。


 本講演会は、主に四日市市に居住する方や、四日市市内の企業、自治体職員等を対象としており、様々な年代・立場の方、総勢36名の参加がありました。


 講演では、最近よく聞く「AI」とは何か、身近な例を紹介しながら分かりやすく解説し、簡単なクイズやテストなども交えながら参加者と場を共有することで、飽きのこない講演となりました。身近の色々な装置のどこにAIが活用されているかや、人間と比較して、AIの得意、不得意な分野などを紹介することで、AIをより身近に感じることが出来ました。

   


 最後の質疑応答では、「人工知能は人間を超えていくのか」をテーマに、活発な意見交換が行われました。人工知能は人間の領域を超えているものも、超えられないものもあります。人工知能の性格を理解することで、人間は決して人工知能に負けることはなく、その可能性はより広がっていきます。

アフタヌーンサロンでは、最近良く聞くあの話題・この話題を気軽に分かりやすく解説することで、より三重大学を身近に感じて頂けるよう活動を続けて行きます。

来年度も引き続き、「ロボットと自動運転 最近の話題」などをテーマに開催を予定しております。アフタヌーンサロンへの多くの皆様の参加をお待ちしております。



以上