三重大学高大連携「東紀州講座」を開講しました!~オリジナルフォトムービーを制作

2018.7.31

 三重大学では、平成17年度から木本高校と尾鷲高校の生徒を対象とした公開講座「東紀州講座」を開講しています。この講座は、三重大学と両校の連携のもと、三重大学が有する教育研究成果や最新の科学的知見を地域へ還元するとともに、学習意欲あふれる進学希望者を増やすことをねらっています。

P1000995.JPG

 本年度は、教育学舎教員が講師になって、7月24日(に木本高校において、「フォトムービーで自己紹介の作品を作ろう」というタイトルで「東紀州講座」を開講しました。

 木本高校から14名、尾鷲高校から2名の1年生の生徒が参加し、それぞれが約2時間かけてムービーメーカーを使って写真とナレーションを入れてオリジナルのフォトムービーを制作しました。

 自己紹介だけではなく、中には自分の趣味やスポーツ選手などの紹介ムービーを作った生徒もいました。

 タイトルやエンドロール、背景や切りかえ効果、コメントなどにも工夫がみられました。

 P1000996.JPG

 最後に、完成した作品を見せ合って、各自が作品をCDに焼いて持ち帰りました。

 生徒は、次のような感想を寄せました。

「パソコンで様々なことができることを学べてよい経験になった。」「すごく楽しかった。」

「パソコンでこのような難しいことをしたことがなかったので講座を受けて良かった。」

「わからないことがあっても先生方がまわってすぐ教えてくれたから分かりやすかった。」

「最初はうまくできるか不安だったけれど終わってみてこの講義を受けれて良かったと思った。」

「経験したことのないフォトムービー作りだったがこれからに活かせると思った。」