輪内中学校でICTを利用した英語の出前授業を行いました!

2018.12.24
12月19日(水)、尾鷲市立輪内中学校で3年生9名と、1,2年生6名を対象にICTを活用した英語の出前授業を行いました。
指導・支援は、教職大学院生の山中真帆さんと須曽野仁志教授です。
三重大が開発したiPadアプリ「くまた」で、3年生は「My favorite season」、1,2年生は「My favorite person」のショートムービーを、イラストや写真、英語のナレーションで作成し、全員がテレビ画面上で発表しました。

今回は「くまた」の録音機能を生かした英語の音読練習を行いました。

「くまた」では、自分のスピーキング音声を実際に聞いて自己修正ができるので、英語の上達のためにとても役立つ学習が可能になります。