三重大学工学部と協働でiPadアプリ開発! 「Let'sフォニックス」を体験!~熊野市立新鹿小学校~

2020.2. 5

 

三重大学東紀州サテライト教育学舎はiPad用アプリ「Let'sフォニックス」を三重大学工学部電気電子工学科北英彦研究室と協働で開発しています。

1月27日に、熊野市立新鹿小学校の3・4年生を対象にこのiPadアプリを用いて、大野准教授が出前授業を行いました。

アルファベットの文字と音のつながりを学ぶやり方が「フォニックス」で、この日は「マジックe」の法則について学習しました。

子どもたちは、この法則をすぐに理解し、発音したり聴きとったりしていました。タブレットに記録されたALTの発音を聴いて正しい発音を選んだり、自分の発音を録音して、正しく発音できているか、聴き比べて確かめたりして楽しみながら学んでいました。

 子どもたちからは、「初めて使ったけれど楽しかった。」「もう一度やってみたい。」「音がきけたり、ゲーム形式なのが良かった。」「とてもシンプルでわかりやすかった。」「自分の声を録音できて確認することができたのはすごく良かった。」などという感想が聞けました。