Scratchプログラミングの 出前授業!~熊野市立神上小中学校~

2019.10.14

10月7日に熊野市立神上小中学校において、スクラッチプログラミング出前授業を行いました。

参加生徒は中学生2名でした。

教職員も一緒にスクラッチ操作を学びました。

指導者は須曽野教授を中心に、教職大学院2週間東紀州実習のため同校に来ていた大井賢県立聾学校教諭がサポートしました。

★生徒の感想・・・「キャラクターを自由に動かすことができて楽しく、スクラッチを小学校からしたかったです。(K.T.)」

「スクラッチの使い方や図を描くのが楽しかったです。意外と数学の知識が必要だとわかりました。ゲームなど全てプログラミングで動いていることがわかりました。(S.K.)」

★大井教諭の感想・・・「生徒の発想の豊かさには大変驚かされました。また、入力に対して、即時に結果が出る仕組みは生徒にとって、とてもわかりやすいものだと再認識できました。」