三重大学大学院工学研究科公開セミナー「みんな見せます 工学研究科 機械工学編」を開催しました

2019.7.11

7月3日(水)に、北勢サテライト(四日市市ユマニテクプラザ)において、「みんな見せます 工学研究科」と題した公開セミナーが開催されました。今回は、全5回にわたる公開セミナーの第1回目として、機械工学編が開催され、県内企業関係者・自治体を中心に約80名の参加がありました。

写真1

とかく全体像が見えない大学の活動について、地域の方々に少しでも理解を深めていただくために、「みんな見せます」との主旨に沿って、工学研究科の全活動を紹介する初めてのイベントとして開催し、下記の9名の教員から機械工学に関する研究内容の紹介がありました。

・池浦良淳教授 人間機械協調システム

・伊丹 琢助教 超高齢社会に向けた機能回復を実現する装着型ロボット装具の開発

・高橋 裕教授 集積加工システム研究室の紹介

・川上博士准教授 スパッタレスを可能にする回転ツール点接合法

・廣田真史教授 エネルギー・環境機器における複雑な熱流動の解析と評価

・辻本公一教授 シミュレーションによる噴流の混合・拡散制御

・鎌田泰成准教授 風車周囲の流れ計測

・稲葉忠司教授 脊椎外科向け医療器具の開発・評価のための脊椎運動の力学的評価

・小竹茂夫教授 鉄鋼に残留する磁化の変化を利用した残留応力の非破壊検査法

写真2

写真3

講演後には、意見交換会も開催されました。

写真4

次回は、9月4日(水)に第2回目の公開セミナー(分子素材工学編)が開催されますので、より多くの方の参加を期待しています。