三重大学工学部情報工学科3年生による企業見学会

2013.9.26



人見 一睛 社会連携 産学官連携コーディネーター


92627日に三重大学工学部情報工学科の3年生33名が、木村文隆教授、若林哲史准教授の引率のもと、

伊賀地区企業見学会を行いました。

 26日午後に㈱森精機製作所・伊賀事業所を訪問し、まず工作機械業界の現状及び会社概要の説明を受け、

グローバルソリューションセンター(展示室)にて最新鋭の工作機械を見た後、組み立て工場を見学しまし

た。森精機では1人の作業者が組立ての全工程を担当し、完成まで進める「セル生産方式」を導入し、従来

の分業制に比べて組立てリードタイムは半分以下になったとのことです。


あまり馴染みのない業界ですが、制御装置が命なので情報工学分野の学生には是非とも興味を持っていただ

きたいとのことでした。

 27日午前は伊賀研究拠点において地元企業による企業説明会を行いました。

先ず、中井茂平三重大学産学連携アドバイザー(上野都市ガス専務取締役)から「ゆめポリス伊賀の立地

企業の概要」と「就職活動の心得」について話していただきました。

 続いて、上野ケーブルテレビジョンの池沢様、中外医薬生産の山本様、ミルボンの寺尾様、川端様

からそれぞれの会社の概要説明がありました。


企業ガバナンスや入社後の人材育成なども話していただきました。なお、説明いただいた方はいずれも三重

大学のOBでした。

 27日午後は2班に分かれ、エクセディ・上野事業所と安永・ゆめぽりす工場を見学しました。いずれ

も自動車関係の部品製造メーカーです。

 2日間にわたる企業見学会でしたが、伊賀地区にもこのような優れた企業があり、先輩諸氏も頑張ってい

ることを知っていただけたと思います。

 大変お忙しい中、企業見学及び企業説明をご担当いただきました皆様には心よりお礼申し上げます。