伊賀地区限定三重大生保護者様向け就職活動説明会

2014.11.29



 11月29日(土)午後、ゆめテクノ伊賀3Fテクノホールにて、三重大学伊賀研究拠点は三重大学キャリア支援センターとコラボ

し、伊賀・名張出身の三重大生保護者様にむけた「伊賀地区保護者様向け就職活動についての説明会」を開催しました。お子

様が人文学部、教育学部、工学部・工学研究科、生物資源学部に在籍されている33家族、ご夫婦や親子連れなどで45名の

参加となりました。
    
  内田淳正学長の開会挨拶では、伊賀地域には優良な企業が多いので、今回の説明会で地元産業にも注目し、この地に就

職するメリットとデメリットを熟慮する機会にしてほしい旨の話をされました。

 吉岡基先生は研究担当副学長の立場から三重大学の近況報告を、また伊賀研究拠点所長の立場から伊賀研究拠点の活

動を紹介されました。


学長の開会挨拶




伊賀研究拠点所長による説明


 
株式会社マイナビ名古屋支社キャリアサポート課の松田浩樹課長からは「就職戦線総括・激変!就職スケジュール」と題した

講演がありました。保護者時代と最近の学生の就職活動スケジュールを比較した表を示しながら親と子の就活内容にはいろ

いろと違いがあることを話されました。特に、今年から企業就職説明会の解禁が来年3月に変更されることによって説明会や

試験日などが重複する可能性が高くなった理由から公務員と一般企業の併願が難しくなったこと、企業が採用選考時に重視

するトップ3の学生資質は「主体性」と「実行力」と「発信力」であること、またご家族による支援の重要性も力説されました。具

体的には、ご家族ご自身の体験談や親から見たお子様の特徴などを話し合うことはお子様が自己分析するのに役立つこと、

就職活動は服装・靴・交通費など出費がかさむので金銭面のサポートも必要なこと、お子さんの意思を尊重してあげること、書

類選考や面接で失敗し落ち込んでしまった場合に親はよき理解者・相談役になってあげることなどを説明されました。
 
 その後、中川正先生は学長補佐でキャリア支援センター長の立場から三重大学のキャリア教育やキャリア支援センターの説

明をされ充実した三重大学就職支援体制を力説されました。



マイナビ松田浩樹課長による講演


中川キャリア支援センター長による説明

 後半のセッションでは、伊賀地域の企業に就職されて1年目から4年目となる三重大学卒業・修了生から就職活動体験談が

ありました。人文学部卒業後上野都市ガス㈱に入社した伊賀市出身の永井智美さん、工学研究科修了後安永に入社した

伊賀市出身の出口卓哉さん、工学研究科修了後ミルボンに入社した大阪府出身の西上美佐子さん、生物資源学部卒業後

タカキタに入社した伊賀市出身の橋本雄伍さんの4名にご協力をいただきました。この体験談の進行は、伊賀地域と三重大

学のパイプ役を務める中井茂平伊賀研究拠点社会連携特任教授が務めました。また、中井先生からは伊賀地域の企業紹介

、地域企業で働くことの価値観、地域社会は三重大生を期待していることも合わせて説明されました。


後半のセッションの様子、発表者の橋本さんから右へ永井さん、出口さん、西上さん


 今回の就職活動説明会は、少し先輩にあたるOB・OGの体験談が特に参考となったようです。伊賀地域の会社名が分かっ

てよかったとか、この地に就職を考えることに偏見があったが考えを改めるよい機会になったとか、大学院進学を検討するの

にも役立ちそうだなどいろいろな情報提供の場となったようです。
その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから