にんぱく(伊賀DE忍者博覧会)で忍者研究パネル展示を行いました。

2018.4.26

4月21日、22日に、にんぱく(伊賀DE忍者博覧会)(公益財団法人 伊賀市文化都市協会主催)が開催されました。

「にんぱく」は公益財団法人 伊賀市文化都市協会が観光客に人気のある忍者を地元のこども達に楽しんでもらおうと企画したものです。忍者をテーマに体験型ゲームが楽しめ、家族連れなど約5000人でにぎわいました。

にんぱく7.jpg

たくさんのゲームがたのしめるパビリオンではこども達が手裏剣打ち、吹き矢、パズルなど楽しんでいました。また、ご当地キャラが集結したステージでもにぎわいをみせていました。

にんぱく8.jpg   にんぱく看板2.jpg    にんぱく5.jpg

博覧会会場では、7つのパビリオンがあり、その一つのエキシビジョンパビリオンで伊賀研究拠点が忍者の食と薬について研究をしてきた内容についてのパネル展示を行いました。

熱心にメモをとりながら回られる方や、注意深くパネルや展示資料を覗き込む姿がみられ、忍者の食・薬などに関心が高いことが伺えました。

にんぱく3.jpg    にんぱく9.jpg