揥水小学校(松阪)に出前です

2014.6.16


加藤 進 社会連携特任教授





 6月16日(月)は3回目の出前で、揥水小学校(高木校長)の

4年生2クラス(20名×2回)です。前回の報告で、理科は(①好き

、②普通、③きらい)のアンケートを取っていることを述べました

。もう10年くらい前に同じ質問を県下(どちらかというと中勢~北

勢中心)の小学校で実施したことがあります。その時の結果は

4年生では80%以上が①理科は好きと答えていました。現在で

もこの傾向はかわらないようです。以前の結果では学年が上が

ると②~③の割合が増えることがわかりました。今回はどのよう

な傾向が現れるのか楽しみです。
  
 出前授業では、教科書に発展学習の欄に記載されてい

る「備長炭電池」を作ります。この電池は中学校でも再度

学習します。利用するものは、キッチンペーパー、アルミ

ホイル、食塩ならびに備長炭です。

 ところで、"左の写真"、何かお分かりですか?これは備

長炭電池を作り、ソーラーモーターを10分動かした結果、

アルミホイルが溶けてできた細孔です。電池のパワーが

なくなるとはどういうことかの説明に利用します。