自然観察会in阿山ふるさとの森公園

2014.10.28



 忠久 社会連携アドバイザー
荒木 利芳 社会連携特任教授
土屋 竜太 研究員
紀平 征希 研究員

1028日午前に阿山ふるさとの森公園において、上野西小学校3年生の生徒さん(約130名)を対象に、当拠点の

職員4名(山﨑、荒木、紀平、土屋)と伊賀市上野森林公園職員の坂上優子氏、自然観察員の山田翔大氏が講師とな

って、自然観察会を行いました。山﨑名誉教授には食物連鎖の話を、荒木名誉教授ならびに紀平研究員には水環境の

話を、坂上・山田両氏には森林環境の話を、土屋研究員は森と川の繋がりの話をしました。今回の観察会では森、川

、海の繋がりについて総合的な話ができるように、と考えました。川、池、森の各地点に講師を配置し、生徒さんに

移動してもらってそれぞれの場所で説明を聞いてもらいました。当日は天候に恵まれ、気持ちの良い日差しの中、楽

しく自然観察会ができました。また、西小学校の生徒さんにも楽しんで頂けたようです。
 


公園内を移動中    
 
昆虫の観察(山田氏)

森の生き物のつながりの話(坂上氏)

水中の生き物の話(荒木名誉教授)
その他の記事についてもご覧ください<トップはこちらから