伊賀白鳳高校の実習指導

2016.9. 8

2016年9月8,15日
紀平 征希   研究員

 

 9月8日と15日に伊賀白鳳高校から生徒3名が伊賀研究拠点に来られて実習を行いました。実習の内容は一昨年、昨年に続き、伊賀と斎宮にあるしょうぶ園の水質および土壌の分析です。水質として、pH、電気伝導度、全窒素、全リンを測定しました。土壌としては、乾燥した土壌に蒸留水を加えて攪拌し、遠心分離後の上澄み液のpH、電気伝導度、全窒素を測定しました。また今年は有効態リンとして、土壌を酸性の溶液(うすい硫酸)で攪拌し、ろ過したろ液のリンについても測定しました。

 1日目は一つ一つの実験操作において、緊張と不慣れな面も見られましたが、翌週2回目の実験では手つきも慣れたもので要領良く行うことができました。全窒素や全リンを分析する際、標準溶液を調製して検量線を作成するのですが、バッチリでした!生徒たちはとりわけ、マイクロピペットの便利さに感動していました。