幸公民館でシニア講座です

2016.12.16

加藤 進   社会連携特任教授

 

12月16日(金)はH27年に引き続いて2回目のシニア講座です。今回は8人の参加です。メニューですが、
  ①アルソミトラ
  ②CDコマを作ろう
  ③テントウムシ作り
  ④怪獣の声
  ⑤声に合わせて踊る蛇そうして、最後にアルコール爆発を皆さんに体験していただきました。写真1は怪獣の声のスナップ写真です。


写真1

参加された皆さんは楽しい時間を過ごされたようで、家でもやってみるとのことでした。テントウムシはペットボトルのキャップを利用して作る物で、やや細かいですがキャップの底面にシールをはってそれらしいものが出来上がりました(写真2)。ちょっと細工に苦労したかな?最後は、声に合わせて踊る蛇です。この二つは初公開です。筒を通して、「あ~!」と音を出すと紙コップの底に載っているモール(蛇)が動くものです。モールの作り方にコツがあるようです。デザインナイフを使って綺麗に仕上がりました。(写真3)


写真2

去年の方々とメンバーが変わっていましたが、私も楽しく過ごしました。寒い時期ですが、家から出てきてもらったシニア層に感謝いたします。家から出て、普段会話しないメンバーとお話しするのも貴重な体験です。本拠地の伊賀でもこのような機会が持てないか模索中です。ご希望の方はご連絡ください。

この記事がローカル紙の夕刊三重に掲載されました。あわせて報告しておきます。