伊賀市立上野南中学校2年生の職場体験学習を行いました

2019.7. 5

伊賀研究拠点は、小中高大連携活動を多様な場を活用して行っています。今回は、伊賀市立上野南中学校2年生2名が6月25日から3日間「ゆめテクノ伊賀」で職場体験学習を受けた様子を紹介します。

25日午前(伊賀市文化都市協会:木澤担当)

 施設の管理業務の説明,施設の清掃,芝生の手入れを体験しました。

上野南1.png

25日午後(紀平担当)

三重大学伊賀研究拠点の取り組みの紹介を行った後,微生物学実験の基本である寒天培地の作製,大腸菌の液体培地への植継の実験を行いました。

上野南2.png   上野南3.png

 

26日午前(粟冠担当)

前日作製した寒天培地や植継した大腸菌を使って,細菌とバクテリオファージ(ウイルス)の関係をみる実験を行いました。

    

上野南8.png   上野南中7.png

27日午後(久松眞産学官連携アドバイザー担当)食塩や砂糖が水に溶けた溶液の化学的構造を学び、溶質の濃度差を充分確保して5層の溶液タワーも作成しました。また、8月に開催予定のこども大学(小学生3~6年生60名が参加)では塩水の利用や3色ジュースを作りますので、その時に必要な材料の準備も手伝いました。

上野南4.png

28日午前(加藤貴也担当)

8月開催予定のこども大学で行う,トリックアートに関する予備実験や準備などを行いました。

上野南5.png

28日午後(伊賀市文化都市協会:木澤担当)

伊賀市文化都市協会が運営している伊賀市文化会館で,当日行われる催しのリハーサルを見学しました。

上野南6.png