四日市市立東橋北小学校 出前講座

2010.11.26


<加藤 進 社会連携特任教授>

 

写真は手回し発電機を2台つないで、
  一方で発電、他方はモーターとして
    運動しているところです。
1126日(金)にコンビナートの近くにある、東橋北小学校(四日市)に出前授業に行きました。この学校は、かつては生徒が1000人近く通学したと言われているが、今や全校生徒100人を切る四日市で一番生徒数の少ない学校です。今回は5年生と6年生の合同授業を行いました。
テーマは『手回し発電機と
LED』です。今回から新しい教材を利用するようにしました。それは、以前の教材よりも使いやすく工夫したキャパシター(キャパ君)です!! LEDが付いているので、キャパシターに手回し発電機で充電し、SWを押すとLEDが点灯するというものです。
 今年はステージで2日目に、大御所の京都の海老崎功先生が「爆発」をテーマにしたサイエンスショーです。私はH25年の祭

典が終ったら来年のネタ探しに入ります。また来年お会いしましょう!