上野高校理数科1年生 夏の科学実習

2019.8.21

令和元年7月30日に,ゆめテクノ伊賀3Fテクノホールにて,上野高校理数科1年生を対象に,夏の科学実習を行いました。今年のテーマは「酸度と糖度」です。

はじめに,3種類のりんごジュースについて銘柄などを隠してききジュースをしてもらい,おいしいと思う順に順位付けをしてもらいました。次に,水と砂糖,クエン酸を使って自作ジュースを作ってもらい,自分がおいしいと感じるところまで調合してもらいました。その後,飲み比べたりんごジュースや自作ジュースの糖度を糖度計で測定しました。

上高1.png

次に,酸度を測定するために使用するビュレットという実験器具を1人1台製作してもらいました。このビュレット製作は昨年と同様です。酸度の測定は中和滴定と同じで,酸性である試水のジュースに中和するまでアルカリ溶液(水酸化ナトリウム溶液)を滴下します。中和するのにどれだけの水酸化ナトリウム溶液を要したかを記録することにより酸度を計算します。

上高2.png

午後は,ききジュースしたリンゴジュース,生徒各人が作った自作ジュースの酸度を測定しました。

上高3.png

最後に,結果のまとめ作業および3日後の校内での発表会に向けての課題が提示され,それについて班内で調べ,ディスカッションしました。

上高4.png

3日後の8月2日には上野高校の会議室にて発表会が行われました。「発表→質疑応答」というのが初めての生徒がほとんどで,とりわけ質疑応答において,質問に対して簡潔に的を射た回答をすることがいかに難しいことかというのを経験したようでした。