伊賀市立青山小学校 出前講座

2010.1.19

(加藤客員教授)

校長先生も一緒に実験(青山小学校)!

 H21年度最後の出前授業を119日に青山小学校で行ないました。シリーズの最後を飾るにふさわしく、6年生×3クラス=80名でした。今回は、伊賀拠点の稲垣、紀平、奥西および加藤の4人で担当しました。「手回し発電機」を使って?エネルギーを作る⇒負荷を動かす、?出来たエネルギーを貯める⇒キャパシター(旧名:コンデンサー)⇒負荷を動かすことを一緒に勉強しました。
 H22年からLEDが省エネルギーといった観点から、われわれの時代の主役だった豆球に代わります。LEDの学習にも少し触れてみました。

      豆球=+熱 (光るけれども熱となって電気エネルギーは逃げる)
       LED = (熱の発生は少ない)



 手回し発電機で発電し、豆球とLEDの発光部分を指で触って体験してもらいました。
あれれれ!上の写真は、校長先生、いつの間にか第二グループで子供たちと実験!?