理科部会研修会

2010.2. 3

(加藤客員教授)


LED点灯


三重大学伊賀研究拠点では、発明協会三重県支部の委託を受け、伊賀(友生小学校)で市教研後(23日)に理科部会(会長:増田先生)研修会を開催しました。H22年度から小学校の理科に本格導入されるLEDが本日のテーマです。
24人の専課先生が参加してくださいました。
研修は
2部構成で行われ、(I)LEDの基礎、(II)LEDと光のスペクトルでした。
(I)ではブレッドボードを使って回路を組み立て、LEDの仕組みから始まり、制限抵抗の計算法等、1.5VLEDを点灯させる方法などを考えました。
(II)では光源として、RGBがマイクロコンピュータで制御されているイルミネーション(自己点滅)LEDを利用しました。
LEDの光、太陽光、電球の光を分光シート越しに観察し、連続スペクトルと輝線スペクトルを体験しました。さらに、色から温度がわかること、これを利用して恒星の温度を推定するなど応用を一緒に考えました。


あっという間に時間が経ち,終わった時には既に外は暗くなっており,終わったのは6:00でした!!

参加された先生方,ご苦労様でした。



メガネをかけて(光を観察中)