第1回こども大学

2010.3.28
3月28日(日)に午前の部・午後の部と2回に分け
伊賀研究拠点の3Fテクノホールにて
伊賀市文化都市協会と三重大学伊賀研究拠点の共催による
「第1回 こども大学」
が行われました。
三重大学伊賀研究拠点
山本好男 准教授より
開会の挨拶がありました。
伊賀市文化都市協会
中居喜芳 課長より
挨拶がありました。


まずは、三重大学伊賀研究拠点
加藤進 客員教授による

サイエンスショー

サイエンスショーは、
テレビなどでよく演じられる水の状態変化と大気圧を利用した
①空き缶つぶし
光の偏光現象を利用した
②不思議な超能力メガネ

  
   ①空き缶つぶし             ②不思議な超能力メガネ  



この季節にはお決まりの静電気を利用した
③電気クラゲ
子供たちの大好きな風船をつかった
④大きな風船と小さな風船などを行いました。

  
   ③電気クラゲ             ④大きい風船と小さい風船

超能力メガネには子供たちも歓声もあげていました。
「どうして?」といってメガネを見に来る子供たちが大勢!
大きい風船と小さな風船を連結すると「小さい風船はどうなる?」の問いかけに、
全員が「小さい方が膨らむ!」と答えました。
ところが、やってみると小さい風船はより小さくなり、まったく逆の結果に唖然!!
身の回りにある簡単な物を使った実験に興味津々、あっという間に
40分が経ちました。

その後、糸電話ならぬ風船電話静電気ボールペーパークラフトといった工作を
子供たち自身で作り、楽しみました♪

   
風船電話の工作の様子                   静電気ボール     

  
   ペーパークラフトの飛行機を夢中に工作している様子
ペーパークラフトの飛行機が完成すると、
子供たちは自分で作った飛行機を持ち
外で嬉しそうに飛ばしあいをしていました。

そして部屋に戻ると参加者(子供たち)全員に、NPO法人伊賀・島ヶ原おかみさんの会と
三重大学教育学部 磯部由香准教授との共同研究として取り組んで出来ました、
おかみさんの会ブランドの「手づくりケーキ こぼちゃん」と
ジュースやお土産が配られました!!

最後に、山本先生から子供たちへ
こども大学修了証書が一人一人に
授与されました


        修了証書の授与の様子
帰り際に「凄く楽しかった。ありがとうございました。」など
お礼を言ってくれたりし、喜んで帰ってもらうことが出来
好評で終わりました♪♪♪

今回、午前と午後の部を合わせて70名の子供たちに参加していただきました!!

参加していただいたみなさん、ありがとうございました。

今回ご参加していただけなかった方も
是非、次回を楽しみにしておいて下さい☆