伊勢寺小学校(松阪市)で科学体験教室を開きました!

2010.8.26

(加藤客員教授)


写真1

今年も昨年同様、発明協会三重県支部からの委託を受け、出前講座と科学体験教室をすることになりました。1回目は、夏休みを利用した先生方への科学体験教室です。

堀坂山のふもとにある伊勢寺小学校(大原恵子校長)です。昔、岩内に遠足に行くとき、トイレ休憩でお世話になりました(笑)。校長室には、昔教えてもらった先生の写真が掲示してありました。もうすぐ100周年だそうです!!

今回のテーマは『LEDと手回し発電機』です。1/4程度の時間を割いて、テレビ等のリモコンを取り上げ、身近なLEDの解説から入りました。
写真1は、肉眼では見えないけれどもCCDカメラや携帯電話のカメラ等では見える赤外LEDを使った投光機の光です。これには皆さんもビックリしていました!!

手回し発電機で「電気エネルギー」が簡単に作り出すことが出来ることを体験してから、作った「電気エネルギー」をキャパシターに貯めて負荷(LED,まめ球、ブザー、モーター等)を動かしました。学習指導要領には単元毎に、「単元のテーマを使った玩具」の製作がうたわれております。
ここでは、フルカラー・イルミネーションLED+ボタン電池で簡単にできるライトのようなものとコヒーラ受信機を提案させていただきました。

残暑の中、参加していただきました先生方ご苦労様でした。
           (文章:加藤 進 客員教授)


電気工作風景