南島東小学校で教員研修を開催!

2010.12. 8
(加藤客員教授)

           
            【写真1

写真2
    
 



12
8日に南伊勢市の南島(西+東)小学校合同で『LEDと手回し発電機』と言う題目で教員向けの研修会(25名)を(社)発明協会の委託で実施しました。


前回から導入したキャパ君と手回し発電機の登場です。
「発電」というテーマも中には含まれていますので、サイキットの「風力発電機」(写真
1)も登場です。
これは、
11.5m/secの風速(扇風機で風を作って風車を回すことは無い)で発電を体験できる優れものです。

そして、太陽光発電も紹介しました。強力なランプの光をあて、太陽電池から「電気エネルギー」を取り出すのではなく(ここがこだわりです!)、「なでて君」を使って蛍光灯の光でも
LEDが点灯することを実験で体験していただきました。もちろん、「なでて君」を利用すれば、ソーラーモーターを発電機にすることも可能です。

写真
2は、スケルトン構造で中が見える「デカモーター(学研」です。

これも、発電の実験には重宝します。デカモーターに手回し発電機を接続すると、「モーター」=「発電機」を視覚によって理解が簡単にできます。



なお、この研修の実施にあたり、南伊勢市教育委員会の瀬木さんにお世話になりました。この場をお借りして御礼を申し上げます。


            (文章:加藤 進 客員教授