青少年のための科学の祭典(三重大学大会)です

2017.11. 5

 10月末の名張大会に続いて本学で「科学の祭典」です。晴天に恵まれてたくさんの参加者が。。。。材料の関係で10名ほどお断りしました。もちろんテーマは「加藤式の何でもSP」です。フェライト磁石を両面テープで紙コップに止めない方法です。5m程度0.26mmφのホルマル線でコイルを作るとびっくりするくらい大きな音がでます。

171112 10Wアンプ.jpg

(写真1)

今回は特別に10Wのアンプを作り、アルミの鍋(100均)を鳴らしてみました。さすがに10W、なかなかいい音がしました(写真1)。所要時間はコイルを巻くので20min程度です。1年生でも手先の器用な子はコイルを巻くことができました。今回は驚いたことに6年生と中学生があわせて6人くらいブースにきました。電磁石の勉強は覚えていましたが、何でもSPは作ったり、聞いた事は無いようでした。特別展示で①骨振動を利用して音を再生、②加藤式の音声発電機です。音声発電機にはみなさん驚いた様子でした。これは電気エネルギと音エネルギーが等価(エネルギーの可逆性)であることを示す重要な教材です。なでて君を使わないとこの実験はできません。

17111202風景01.jpg      17111202.jpg